PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- 感想

    作品名乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-
    メーカーNavel発売日2013年7月26日
    原画鈴平ひろ、西又葵、羽純りお(サブ)シナリオ東ノ助
    美郷あき、橋本みゆき、佐咲紗花ムービーyokota
    対応OSWindows XP/Vista/7お気に入り度8/10
    ディスクレス点数81点
    プレイ時間約?時間(計るの忘れました……)



    久々に満足できるエロゲでした。前作の雰囲気は残しつつ更にシナリオのクオリティを上げた良作。

    以下は詳細な感想です。(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています。また、画像はあくまでサンプルですので大幅に縮小しています。画像の著作権はNavel様にあるため、無断転載はお止めください)




    さて、前作月に寄りそう乙女の作法は服飾という珍しいテーマを据えつつ、軽妙なキャラのやり取りと適度にポエミーなテキストで魅せる日常描写・シナリオが最大の魅力でしたが、今回はその辺の長所を残しつつ、シリアス方面に舵を大きく切った展開になります。
    というのも今回大量に追加されたサブキャラクターは大蔵家関係者が大半で要はお家事情がメインとなるためです。乙女理論本編へと繋がる前作BADルートやつり乙本編などでは衣遠が遊星やその母に何らかの執着があることは示唆されていましたが、明確に何かが語られる、ということはありませんでしたからね。
    乙女理論とその周辺ではその辺りが大きくクローズアップされ、尚且つ大蔵家の後継者を巡る騒動などで楽しませてくれます。雰囲気で言うと華麗なる一族みたいにどうしようもないくらいに泥沼……というほどでは無いですが、それなりに黒い面を見せつつ家族内での戦いが描写されます。
    前作最大の魅力であった日常描写は今作も健在。むしろライターが東ノ助さん単独になったことでキャラのブレなどもなくなり安定度は増しました……が、やはり桜屋敷組のキャラクターの力というか存在感にはパリ組はかなり劣る、とも思えましたねー。つまらないというわけでは決して無いのですがルナ様筆頭に前作の主力は強すぎました。
    しかし、シナリオ全体を見渡すと乙女理論の出来はは前作を大きく上まったというのは断言できます。この高いクオリティなのですが、ライターが東ノ助さん一人になった、というのもあるのでしょうけどテーマがよりハッキリしているというのが強い要因であると思います。
    特にこの作品の核になっているだろうと私が感じたのは一番上の抜粋セリフの所でも書いた「美しいこの現実の中で笑おう」、コレですね。

    イメージ196


    この言葉は前作含めたシリーズ共通の大きなテーマの一つだと思っているのですが、今作ではより前面に出てきたと感じました。
    今作のシナリオ中では家督争いというある程度のドロドロが避けて通れないものをメインにしたお陰もあり、あらゆる角度から幾度と無く辛く厳しい状況が遊星らを襲ってきます。でも、そんな困難な状況でも彼らは最終的に笑っているんです。現実を照らす陽の光がどす黒い闇に奪われたとしても、彼らは絶対にその光を失わない。自発的に払いのけることもあれば、外的要因によって光が守られることもあります。
    この「笑う」という行為は笑っていれば幸せがやってくる、のような甘い受身の姿勢では決して無く、どのような絶望、悲しみが与えられてもそれと向き合う、受け入れて前に進む決意の姿勢なんです。直面している現実を観て、その世界で笑う。この辺りの描写は萌えゲーとは思えないほどの力強さなので是非にプレイして確かめて欲しいですね。
    また、程よくポエムがかったテキストがコレに良くマッチしてるんですよ。やっぱり言葉は少し臭いくらいのほうが良いですね、いかに熱量を持たせるかが肝要。また、テキストは他のエロゲに比べると地の文が気持ち多目ですがテンポも良く読みやすいです。あとは文学ネタもちょろちょろ出てましたね。
    ああ、後シナリオ面では突っ込みたいことがありましたが、DESIREの素晴らしすぎるオーケストラverと夜桜を引っさげたルナ様登場シーンは震えましたね。あの状況からの文字通り救世主のような降臨の仕方は見事という外ないです。ルナ様信者の私は惚けてましたよ、ええ。全てを持って行かれました。なんでしょうね、昨今のヒロインにはないカリスマがあるんですよ、あの方。やっぱルナ様って最高だわ(信者の意見)

    とまあ、ここまでシナリオについて語ってきましたが、ちょいとネガティブな意見を出さざるを得ないのが、りそな以外のルート。ぶっちゃけメリル・エッテ共にりそなルートの前座みたいな感じではありますが、メリルは個別ルートとして良く完結してると思います。他のエロゲと比べても何の遜色も無いはず。
    ……ただ、ねえ。エッテルートがちょっと……。いや、ルートの出来自体は悪くはないんですが、問題なのはエッテがヒロインとしての役割を果たしていないこと。というか完全に舞台装置としてしか使われていない上に半ば空気化してます。これはエロゲのシナリオとしてはちょっと駄目ですよね、後は指摘する程でもない細かい所を除けば不満点は全くないです。いや、何度でも言いますけど今回はつり乙よりシナリオの質が大分上がってますよ。前作やった方には是非にプレイしていただきたいです。

    シナリオから離れるとBGMは使い回しは多いものの相変わらずのハイクオリティ。システムはテキストの色のせいで若干見辛くなりましたが大図書館に触れて以来、私の中で神機能と名高いサスペンドが追加されたり(しかもアペンド当てるとつり乙にも搭載されます!)と隙はなし。
    CGはアフターの煽りとヒロイン数が減ったことで乙女理論本編中での枚数は減少しましたが、クオリティは相変わらず。特筆したいのは西又さんの絵の進化っぷりですね、特にメリル関連は塗も相まって普通に「ええやん!」と言いたくなりました。特に↓のメリルは天使。(エロシーンの構図が糞なのが改善されていないのは残念でしたが)

    イメージ198イメージ197


    新規組のキャラクターでは駿我とか華花、ヴァリー、ディートリンデなどお気に入りは多く出来ましたが、個人的に一押しなのはリリアーヌ。勿論本性を出したゲスverの方ね。邪悪なヒロインとしては黒幕なのがバレバレだったり発狂し過ぎで少し物足りないのですが久々のクズキャラに胸が熱くなりました。ルート希望。是非にゲス顔verの方をお願いします!


    感想は以上です。
    いや、最近自分が遊んだエロゲはイマイチなのが多かったのでようやく救われました。とりあえず、前作やって気に入った人は買いましょう!
    このシリーズが気になってる方も体験版でノリが合いそうなら買いましょう(ゴリ押し)

    | エロゲ感想 | 08:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    なぜこのゲームを俺が楽しめたかって?
    朝日が可愛かったからさ

    | 名無しさん | 2013/08/26 07:47 | URL |

    >>名無しさん。
    コメントありがとうございます。

    朝日は確かに可愛かったですね。アペンドの方ではボイスも付いたお陰で破壊力倍増でしたし……これはホモにならざるを得ないですわ。

    | くたばりかけの梟 | 2013/08/28 08:25 | URL |

    朝日がメインヒロイン

    | 幻(まぼろし) | 2013/08/28 10:47 | URL |

    >>幻(まぼろし)さん。
    コメントありがとうございます。

    ケツがでかい朝日ちゃん可愛い(迫真)

    | くたばりかけの梟 | 2013/08/30 08:38 | URL |















    非公開コメント

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT