2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    百奇繚乱の館 感想

    作品名百奇繚乱の館
    メーカーAstronauts SIRIUS発売日2017年7月28日
    原画M&Mシナリオヤマガミユウ、すまっしゅぱんだ、霧島へるん、なかぢ
    なしムービーなし
    対応OSWindows Vista/7/8/10お気に入り度6/10
    ディスクレス点数68
    プレイ時間約17時間


    ダンジョンオブレガリアスから一年と四ヶ月ほど間を空けてのアストロノーツシリウス待望の新作。
    一時期メーカー解散の噂などが流れたりしたせいで、それなりに売れていたから潰れることはないだろうと思いつつも心配していたので、本作が発表された時は嬉しかったですね。たぶん、かぐや時代からやってる人は本作を見た時に霧谷伯爵家じゃん! って思ったでしょうが、それはある意味で正しくてある意味で違いました。
    今回は今までシリウスで出してきたTD、RPGなどと言ったゲーム性を前面に押し出すものではなく、エステラ以来のADV……ですが、公式サイトやインタビューで語られていたようにマップ選択による探索、アイテム収集、そこからの豊富な分岐etc……ADVとしてのゲーム性を意識したとのことだったのでM&M原画作品という面以外でも期待していたのですが……。

    まあなんというか、ADV面でもシナリオ面でもエロ面でも片手間に作ったやる気のない作品だったよなと。
    ここ最近のシリウスは出来はともかく、良いものを作ろうという気持ちが伝わってきたので、楽しみにしていたのですが、正直、ガッカリしました。印象に残っているものもないので、あまり書くことがないです。

    以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)。

    ≫ Read More

    | エロゲ感想 | 17:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |