2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    千の刃濤、桃花染の皇姫 感想

    作品名千の刃濤、桃花染の皇姫
    メーカーAUGUST発売日2016年9月23日
    原画べっかんこう 、夏野イオシナリオ榊原拓、内田ヒロユキ、安西秀明
    中恵光城、ういにゃす・おっちょこバニー、Cheri*ムービー北川由貴
    対応OSWindows Vista/7/8.1/10お気に入り度8/10
    ディスクレス点数80
    プレイ時間約27時間


    本作は前作・大図書館の羊飼いから三年以上もの時間を置いてリリースされたオーガストの最新作になります。
    ユースティア、大図書館と出来の良い作品を続けて送り出していたメーカーなので、私としても本作は首を長くして非常に期待して待っていたのですが……面白いことは面白いんですけど、不満点がかなり多い作品になってしまったなぁと。
    オーガストらしからぬ雑さと腐ってしまっている設定、ヒロインルート制の崩壊が目立ちましたね……それでも相変わらず一級品の演出やグラフィック、その他諸々のお陰で良作と呼べる出来に仕上がっているのは流石ですが、それらを活かすシナリオがボロボロだったのが辛い所。
    ラストの締めもそれまで据えていたテーマからブレており、作品全体がぐらついているような印象になってしまいましたね。
    以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)。

    ≫ Read More

    | エロゲ感想 | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |