2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    ダンジョン オブ レガリアス 背徳の都イシュガリア 感想

    作品名ダンジョン オブ レガリアス 背徳の都イシュガリア
    メーカーAstronauts SIRIUS発売日2016年3月25日
    原画M&Mシナリオヤマガミユウ、すまっしゅぱんだ、霧島へるん、なかぢ、春日森、速水漣、杏仁みかん
    みとせのりこムービー藤村沙紀
    対応OSWindows Vista/7/8/10お気に入り度7/10
    ディスクレス点数80
    プレイ時間約40時間+α


    アストロノーツ・シリウスの五作目は同スタッフがアトリエかぐや時代に作っていたダンジョンクルセイダースシリーズの後継とも言えるRPG。
    相変わらずダメな部分があるものの、改良された点も多々あり、様々な部分で今までやっていなかった試みもされていてアストロノーツの今後を期待させる一作でした。あくまで個人的な意見ですが、シリウス全作品の中では一番楽しめましたね。
    ちなみにプレイ時間はクリア後のハーレム以外のシーン回収が終わった時点でのそれなのであしからず。流石に大ボリューム過ぎて終わるのを待っていたら感想が腐りそうなのでこの状態で書かせていただきます。一応最後の方に陵辱イベントリストも書いておいたのでよろしかったらどうぞ。
    以下は詳細な感想(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)。

    ≫ Read More

    | エロゲ感想 | 04:09 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |