2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    HHG 女神の終焉 感想

    作品名HHG 女神の終焉
    メーカーういんどみる発売日2013年11月29日
    原画ミヤスリサ、桜沢いづみ、ななせめるち、ユキヲ(久司朗のみ)シナリオサイトウケンジ、三日堂、深山ユーキ
    μ、新田恵海、澤田なつムービーえん、どせい
    対応OSWindows XP/Vista/7/8お気に入り度6/10
    ディスクレス点数71点
    プレイ時間約20時間(管理人基準)



    ――私に付いて来てくれるかい?

    ※書いてることが纏まらなくなったために感想以下の残骸となってしまいました。

    面白かったのは間違いないのですが、なんというんですかね……所々粗が目立ち、無印と同じく「程々に」面白い、というのが良く似合う作品でした。

    以下は詳細な感想です。(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています。また、画像はあくまでサンプルですので大幅に縮小しています。画像の著作権はういんどみる様にあるため、無断転載はお止めください)



    ◆完全新作?

    さて、完全新作と銘打たれたHHGXですが、新作というよりは完全な続編ですなあ。
    一応、前作未プレイでも楽しめることは楽しめますが、前作のシナリオが本作の設定の下敷きになっている以上、それを知っているかどうかで理解度や楽しめるかどうかの度合いが変わってくるのは必定。最終ルートなどは特に最後に据えた割に描写がかなりあっさりしているため、とあるキャラの心情をどこまで汲み取れるか、感情移入出来るかが鍵になっているので余計に。
    また、平気で前作ネタを至る所に放り込んでも居るので前作プレイは必須に近い推奨といった所でしょうか。レミニセンスと同程度と考えていただければ良いかと。個人的には女神の終焉からHHGをプレイするのはオススメしません、興味のある方は是非に無印からどうぞ。


    ◆色んな意味で無印を越える高速思考

    それでは肝心の中身はどうなのか、ですが、良くも悪くも無印を正統進化させた内容であると言えますね。
    終始徹底したライトなノリで無駄な描写がなく、サクサクと進んでいくテンポの良さには惚れ惚れします……が、その一方で恋愛にしてもシリアスにしてもノリがそのままなので無印よりはマシになったものの全てを程々に纏めた、と言う感じは否めません。もっと描写が欲しい! というところもあっさりと流してしまっているのでメフィストがどれだけの過酷な道のりを歩んで久司朗を求めてきたのか、その辺りが肝になるであろうメフィストルートなどはかなり肩透かし気味。
    いやホントにここが薄っぺらだったのは残念極まりないですよ。今回のシナリオでは久司朗が前作までの記憶を失っているという設定があり、尚且つその記憶が完全に戻るのは物語の終わり際なので久司朗自身に以前の相棒兼嫁であるメフィストを求める感情自体が終始ゼロに近いんですよ。じゃあこの二人を結びつけるファクターは何かというときっちり記憶を維持しているメフィストの想いな訳で、でもその描写が殆ど無い。これに関してはメフィスト視点できっちり時間を掛けるなり何なりするべきでしたね。あと、何気に大半が光理ルートのコンパチっていうのも何とも……この二名に関してはもっと明確にシナリオ展開を分けるべきだったと思います。どっち付かずで共倒れ状態。
    あとは相変わらずパロネタくさいのが多分に混じってるのもアレですね。分かる人だけが楽しめて知らない人はスルーできる奴なら良いのですが、「これはパロネタです! 面白いでしょ!? さあ笑え!!!」 みたいな主張が非常に強い仕込み方なのでちょっとうんざりします。やるならもう少しさり気なくやれと言いたい。というかパロネタって本来そういうものでしょ?

    で、HHGと言えば、ギフト(特殊能力)。ギフトから期待されるものは恐らくその能力を駆使したバトルだと思いますが、今回はそっち方面は結構強化された印象。少なくとも無印のようにマトモにバトルするのが二ルートだけだったり、どうでも良いところで高速思考や悪魔図書館連発しておきながら
    久司朗「相手の能力なんかヤバそうだな? 悪魔図書館で調べとくか?」→久司朗「いや、やっぱり使わなくても良いや。よゆーよゆー」→相手の能力が良く分からず案の定ボコられる。
    などという明らかなシナリオの都合で歪められてるのが透けて見える展開もありませんでしたしね。今回は全ルートでバトルがありますし、サリールートのラストバトル辺りは頑張っていたと思います……ただ、こちらも零月戦はじめ、予定調和な攻撃の応酬(フザケてるとしか思えない前作の対ラスボス戦みたいなもの)が多いので緊迫感に欠けるのが玉に瑕。能力バトルとしても過度な期待は禁物。

    ……じゃあHHGの魅力は何なのよ? という疑問が出てくるのですが……何なのでしょう? 割りと最初は褒めるつもりで書いてたのですが、書いている内に自分でも良く分からなくなってきました。
    たぶん、ピカレスクぶっている厨二主人公+可愛いヒロイン+能力バトル+テンポの良さ、この辺りをうまい具合に緩く融合させた所なのでしょうけれど、肝心の主人公が前作で好評だったのを受けてか過度な厨二+ドジっ子アピールが増えて微妙になってしまいましたしねぇ。
    あ、ヒロインはかなり可愛くなっていると感じましたね。前より数が減ったのが功を奏して一人当りに割かれる描写が増えたのはとても良かったと思います。(特にサブヒロイン勢はしっかりとしたルートシナリオを与えられています)。

    イメージ245イメージ247
    イメージ246イメージ244

    うむ。かわいい。

    | エロゲ感想 | 01:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    カブでまったりぼっち旅 ~晩秋の鎌倉編~ 其の弐

    其の壱はこちら→鎌倉ぼっちツーリング其の壱

    今回はカブが記事内に一枚たりとも出てこないため、最早何の記事なのか分からなけど気にしない。
    という訳で次に向かったのは鎌倉五山第四位・浄智寺。

    浄智寺・銀杏の絨毯
    20131207_121326.jpg

    正直、思い切り踏み荒らしたい衝動に駆られたけど、ぎりぎりの所で踏みとどまる。この時の俺氏の精神力は既に神の域に達していたと言っても過言ではないだろう。

    奥に進むと何やらトレジャーでも眠ってそうな洞穴が……
    20131207_122008.jpg

    浄智寺・布袋像
    20131207_121910.jpg

    洞穴を抜けると何やらゲスい顔をした爺様が現れました(失礼)
    ちなみにこの布袋(ほてい)様、なんと元は中国の福神様だったそうです。発達を続ける日本の水墨画の画題にするため輸入されたとか何とか。
    あと、お腹をなでなでしてあげると元気を分け与えてくれるというなんとも怪しい看板が横に立っておったので遠慮なく撫で回してやりました。つるつる。でも顔を間近で見るとイラッとするね(罰当たり)

    ……浄智寺は布袋様とか割とどうでもいいのを撮っておきながら肝心の寺を撮り忘れているという愛らしいドジっ子()ぶりをアピール。ご飯食べてなかったからしゃーない。

    東慶寺山門
    20131207_124936_20131216234215163.jpg

    ここきっ澄みのパケ絵ぽいぞとはしゃぎながら撮るものの盛大にフラッシュ。しかもそのことに気付かず立ち去る。

    東慶寺墓苑
    20131207_124815_201312162342216d6.jpg

    お墓は余り写さないほうが良いかなと誰に向けたの分からない配慮により謎の構図。仏像の写真殆ど撮ってないのも同じ理由。

    東慶寺本堂
    20131207_125204.jpg

    そう言えばこの本堂の向かいにある茶室で自由参加(?)のお茶会やってましたね。時間がなかったので断念したけど、今度来た時はそこら辺も楽しみたいところ……ぼっちだと無理か。


    円覚寺山門
    20131207_125936.jpg

    円覚寺仏殿
    20131207_130108.jpg

    御本尊様
    20131207_130354.jpg

    円覚寺方丈
    20131207_130723.jpg

    聖観音堂
    20131207_131206.jpg

    石段と坂だらけの円覚寺最奥にある観音堂。達成感+素敵な景色と引き換えに俺氏の足とお腹は限界を迎えてしまった……ちなみ円覚寺はそこかしこに北条家の家紋があって面白かったですね。隠れミッキーみたいでした(小並感)

    円覚寺を無事堪能し、自販機で喉を潤した後に目指したのは特に楽しみにしていた鎌倉文学館! でも道中には他にも見どころがあるのでまずはそちらを回ることに。

    頼朝像付近の駐車場から見下ろす景色
    20131207_140208.jpg
    源頼朝像
    20131207_140738.jpg

    急な坂道を歩いて歩いて、しまいにはハイキングコースを逆走した後に辿り着いたのは畜生よりとも公の像。恐れ多くも威厳溢れるそのお姿を正面から。
    どうでも良いけど政子の方が畜生レベル高いですよね。

    お次は銭洗弁財天宇賀福神社
    20131207_141320.jpg 20131207_141629.jpg

    カップルが多かったな、ここ(遠い目)
    まあ、そんなことを気にする段階はとうに過ぎているボクは優雅に小銭をジャラジャラと洗う。手先のテクはエロゲで学んだから自信あるよ。

    20131207_141957.jpg

    この聖水で洗えば頑固な汚れがついた十円玉も……

    20131207_142042.jpg

    ほらこの通り! 良い色でしょう。余裕の浄化っぷりだ、水が違いますよ。
    ……すまんな。

    鎌倉文学館正門前
    20131207_145228.jpg

    招鶴洞
    20131207_145441.jpg

    鎌倉文学館外観
    20131207_151741.jpg
    20131207_151945.jpg

    特に楽しみにしていた文学館! でもここに関しては来る季節を間違えた感が……今度は薔薇が咲いてる季節に訪れたい。
    三島由紀夫の春の雪やうみねこのなく頃にとかいう屁理屈後付思想押し付けゲーノベルゲームにも出てくることで有名ですな。

    文学館玄関前
    20131207_151504.jpg

    残念ながら館内は撮影禁止。生誕一一〇周年ということで小津安二郎の展覧会もやっていました。日記や父に向けた手紙の文字が綺麗だった(小並感)
    川端康成始め様々な文豪の原稿も見れて満足。三階(一般人立ち入り禁止)も見てみたかったなあ。


    そして最後にこれの為に今回鎌倉を訪れたと言っても過言ではない……

    20131207_184515.jpg
    20131207_184433.jpg
    20131207_184036.jpg
    20131207_184224.jpg
    20131207_184148.jpg
    20131207_183449.jpg

    長谷寺の紅葉ライトアップ!!
    ……いやあ、綺麗だったんですけどね、スマホ+写真の写の字も知らんボクに微かに灯ってるライトだけじゃ暗闇での撮影は無理ですわ。
    当然の如く、クソみたいな写真ばかりで長谷寺の紅葉の美しさがまるで伝わってこない……

    20131207_183434.jpg

    唯一上手く撮れたかなあというのがこちらの観音堂。もう(紅葉じゃ)ないじゃんとかいうのは止めて頂けるとありがたいです。
    という訳で今回の旅(?)はこれにてお終い。二日目に報国寺にも行きたかったけど余りにも天気が悪いため断念。まあ、次の機会があったら行きたいですね。

    残りの御朱印たち
    20131207_232302_201312171936051f7.jpg

    20131207_232309_201312171936084fd.jpg


    ……あ、大仏観るの忘れてた。(ついでにオルゴール堂も)

    | ツーリング記 | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    カブでまったりぼっち旅 ~晩秋の鎌倉編~ 其の壱

    先週の土曜日に鎌倉に行ってきたので備忘録代わりに。
    ※画像をクリックするとかなりデカ目のものが表示されるのでご注意下さい。写真の撮り方がクソなのは仕様です。

    20131207_091302.jpg

    先ずはエロゲで寝不足の中、早起きして自宅から藤沢駅までカブに跨がり走り抜けること二時間くらい。藤沢に着いたのはいいものの、事前に調べておいたにも拘わらず駐輪場に辿りつけなくて迷いまくり、交番で警察のおねーさんのお世話になるという醜態を晒しながら駅付近のバイク駐輪場に無事()停める。初の中距離走行にしては順調な滑り出しだったと俺氏は振り返る。
    ちなみにここは30台ほど停められる上にバイクをロックしてくれるのでオススメ。料金も一時間ごとに100円、24時間上限で500円とリーズナブル。排気量も関係なく停められます。位置などの詳しいことはこちらのブログに書いてあるので利用することになるかもしれない、という方はどうぞ→http://yohsan.blog.so-net.ne.jp/2012-08-03

    ……初っ端からタイトル詐欺で申し訳ないのだけれども、カブの画像はこれだけ。というよりカブ使ったのこの行き帰りだけ。仕方なかったんだ……鎌倉は駐輪場あんまりないから、歩きのほうが都合が良かったんだ……


    そんな訳で藤沢から鎌倉まで江ノ電に揺られて、とある目的を果たすために鶴岡八幡宮へ。

    八幡宮本宮
    20131207_102104.jpg

    高校以来? に訪れたものの微妙な長さの石段と人混みは相変わらずですなあ。ここでキチンと参拝しておみくじを引くも末吉というネタにも出来ず、喜ぶことも出来ない何とも微妙な結果にしこりを残しつつ、今回の一人旅のメインの一つである、とあるものを入手しに行くことに。


    それはズバリ八幡宮の御朱印帳&御朱印!!
    20131207_232149.jpg20131207_232240.jpg

    鶴岡八幡宮から回るのは正直あんまり効率良くなかったのだけれども、どうしてもここのオリジナルデザインの御朱印帳が欲しかった&一発目の御朱印はやはりその御朱印帳を買ったところのもので埋めたい、という処女膜よりも繊細な理由があったためなのです。
    まあ、その割に神社と寺で御朱印帳使い分けたり、順番に気を遣ったりはしませんでしたが。

    八幡宮若宮
    20131207_102950.jpg

    この日は結婚式を挙げられている方が多くて、自分が来た時は二組の方を見かけました。男前の新郎と美人の新婦さんよ、末永く爆発お幸せに。

    20131207_103233.jpg
    水面に映る紅葉が綺麗過ぎる……この季節に行って良かった。

    20131207_103214.jpg

    白旗神社
    20131207_103408.jpg
    20131207_103609.jpg
    20131207_103729.jpg

    旗上弁財天
    20131207_104723.jpg


    八幡宮前
    20131207_105102.jpg

    鎌倉街道のどこか神聖さすら漂うトンネル。
    20131207_110156.jpg

    写真がクソなのであれですけど、実際通ると陽の射し方が絶妙で異世界にでも繋がってるんじゃないかという不思議な雰囲気がありましたねー。ここをカブで駆け抜けたかった。

    鎌倉五山第一位・建長寺総門前
    20131207_110523.jpg
    20131207_110744.jpg
    20131207_111210.jpg

    建長寺庭園
    20131207_111516.jpg
    20131207_111720.jpg

    明月院通り
    20131207_113128.jpg
    20131207_120653.jpg
    20131207_113504.jpg

    見渡すかぎりの銀杏銀杏銀杏銀杏銀杏の紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉紅葉。
    あいちゃんはどこにも居ませんでした。

    明月院茶々橋
    20131207_120312.jpg
    20131207_113645.jpg

    そもそもあいちゃんどーこーよりウサギさんとカメさんが可愛かった。(こなみ)

    鎌倉石の参道
    20131207_120020.jpg

    ここは六月になると実に綺麗な紫陽花を咲かせるそうなので、今度はその辺りに行きたいですなあ。

    20131207_115841.jpg

    ただ春の夜の夢のごとし。

    枯山水庭園
    20131207_114116.jpg

    明月院本堂 悟りの窓
    20131207_114512.jpg

    ここは残念ながら中に入ることは出来ないのだけれど、かなり熱かった。中央の満月のような窓は勿論のこと、左右の間が醸し出す雰囲気も素晴らしい。
    明月院は今回行った中で一番満足度が高かったです。

    画像が多くなってしまったので、続きは其の弐で。


    おまけ

    上記お寺&神社で頂いた御朱印。
    20131207_232249_201312102052242d1.jpg20131207_232255_20131210205224ed5.jpg




    | ツーリング記 | 20:54 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |