2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    手に入れることに意味がある

    download_convert_20130726194252.jpg

    こんなに買ってプレイできるのか? とかそんなことは問題じゃないんだ! 手元に収めることに意味があるんだ!
    というわけで購入物その一。
    シナリオゲー枠のギャングスタ、ふいんきゲー枠のいろセカ、萌えゲー枠の乙女理論、そして抜きゲー枠の聖娼女。自分、割りと独占厨入ってるけど遊女とか娼婦みたいな自分の意志で身体を売るってシチュエーション大好きなんすよ。なので聖娼女にはかなり期待していたりする。
    後、特典のサントラに入ってるDucaさん担当のOPはまさかのフルバージョンだったのが嬉しい。


    5_convert_20130726194326.jpg

    購入物その二。
    待ち遠しすぎてアヘ顔晒しそうだったMaricaddiction! Maricaさんの商業アルバムはホントにやっと出たかって感じだからなあ。とりあえず、この記事投稿したら速攻で聴きます。ラジオか何かでショート版が流れたのをきいて以来、錆びた翼がクッソ楽しみでしょうがなかったんだ。

    そして穂高望さんがシナリオ担当のゲーム探しに行ったら結構前から探してたNAO2が良い状態のものを見つけたので購入。
    GWAVEは正直惰性で買った。めぼしい曲は殆ど別のCDで持ってるからね、仕方ないね。


    そう言えば今日の秋葉はアミューズメント館と祖父一号館でキモいぐらいに長い行列ができてたけど、アレは一体何だったのだろうか。
    あと抽選はいつも通り全部ハズレました。悲しいです。
    悲しいです。

    | 雑記 | 19:57 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    修羅場中なので簡易更新

    テストとレポートは友達です。


    とりあえず、気になった二つの事柄でも。いつも以上に素っ気ない文章なのはお察しください。



    あやめの町とお姫様
    聴いたことのないブランドだけど絵とBGMは中々。続報に期待。

    m_amane.jpg

    そして雨音スイッチがまさかのマスターアップ。正直、延期すると思ってたからお金残ってないよ……なので評判次第で来月購入。


    ◆拍手コメント返信

    >>小手先で~の方。

    ですねー。もう最初からルキナとエリカだけに力入れるよ! てなものを感じましたね。
    でも、ヒロイン二人だけでフルプライスはアレだからとりあえず三人適当にぶっ込むか、と。小手先というよりは詐欺ですね。

    他一名の方も拍手ありがとうございました! 励みになります。

    | 雑記 | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE! 感想

    作品名らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!
    メーカーHARUKAZE発売日2013年5月31日
    原画大空樹、ぴよ寺むちゃ、ひずみシナリオはと
    雪ノREN、都乃ムービーぬるてま
    対応OSWindows XP/Vista/7/8お気に入り度6/10
    ディスクレス点数65点
    プレイ時間約20時間(管理人基準)


    なんというか、悪い意味で同人上がりのメーカーのゲーム。そんな感じでした。
    体験版が中々良さそうなバカゲーだったんで期待はしてたんですよ……してたんで……

    以下は詳細な感想だゾ☆(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています。また、画像はあくまでサンプルですので大幅に縮小しています。画像の著作権はHARUKAZE様にあるため、無断転載はお止めください)




    ◆攻略ヒロイン&ルート構成

    攻略出来るヒロインはルキナ、エリカ、ひかり、スー、千歳のメイン五名。一応、イサミも攻略できるといえば出来ます。

    攻略順はスー・千歳→エリカ→ルキナがオススメ。守らなくても問題はないですが、ルキナルートではスー・千歳ルートの内容が微妙に入るので最初にこの二人を終わらせておくとスムーズにお話に入れます。
    また、EDの演出からしてルキナルートがメインであることは明らかなので、そこら辺からもルキナラストが無難であると思われます。

    攻略は……百聞は一見にしかず。下の画像を見るがいい!

    イメージ164

    共通ルート終了後のこの選択肢のみでルートが決まります。
    ここまで来ると逆に清々しいですね。まあ、昨今のエロゲは選択肢などあってないようなものとはいえ、これはちょっと味気ない気もしますが、叩くほどでもないか。


    ◆システム周り

    スキップ、バックログ、オートモード、個別のボイスオンオフ設定、右クリックでのウインドウ消去などに加え、画面比率変更、セーブデータ削除・移動etc……が備わった安心安定最強の戯画エンジン! この辺は戯画PB万歳ですね。ただ、ルートが変わるとたとえ読んだテキストであっても既読スキップが使えなくなるのが面倒でしたね。
    あと感想書く上で地味にありがたいのが総プレイ時間の表示。一々、スマホのタイマー起動させなくて済むので助かりました。そうでなくとも自分がどれくらいプレイしたかというのが数値化されると少し嬉しいです。


    ◆CG

    イメージ170イメージ168イメージ169イメージ171

    絵柄は全体的に丸っこく柔らかい感じでポーズも立ち絵のポーズも奇抜なモノが多く、癖が強いものの中々のクオリティを維持していると思います。特にルキナ・エリカの絵は好みが分かれそうですが、私は肉感的な絵柄好きなので気になりませんでしたね。むちむちな絵柄好きな人はまず気に入るかと。
    ただ、気になったのは一部CG(特にスー関連)が崩れているのと、千歳ルートの一部エロシーンでテキストとの大きすぎる齟齬があるのがマイナス(ルキナルートのエロシーンでも下着描写で一部齟齬がありますが、こちらは叩くほどではない上に他メーカーでも良くあるものなので許しましょう。パンツ好きの自分としては少し気に入らないですが)。後者はエロシーンの項目で説明するのでここでは割愛。


    ◆キャラクター&ボイス

    キャラクターの個性は十分過ぎるほどに出ていて暴れまわってくれるものの、バックボーンの掘り下げが弱いため物足りなさは否めませんね。
    ここは人物としてよりもキャラクターとして描くのを優先したからなのでしょうけど、メインの何人かは中途半端に重めの設定が入るためにここの弱さが浮き彫りになった印象。該当人物だけでもここらへんをしっかりすればより良くなった気がします。
    とは言うものの、キャラゲーとしては十分に成立するのは確かで、それほど大きな問題でもないかもしれません。お話全体として評価するか、キャラ単体を見て評価するかで百八十度変わりますね。

    主人公の秋人は……重度のお節介かつ馬鹿……なのですが、周りがキチガイばかりなので割りと常識人ポジションに収まっている感が。まあ、この辺りのお陰で主人公が馬鹿なせいでイライラする、というのがあまりなかったので結果オーライか。
    ただ、らぶおぶ全体に言えることなんですけど、過去の設定がまったく活かしきれていない……というかそもそも入れる必要があったのか? と言いたくなるモノがいくつか引っ付いているのが気になりましたね(記憶障害的なアレとか)


    以下は男女別お気に入りキャラ。

    男……なし。
    女……みお、イサミ、ルキナ。

    流石にキャラがメインのゲームではあるのでぶっ飛んだ子が揃っています。
    特にみおがもう自由気ままに暴れまわってくれるので良かったですねえ。自分がらぶおぶに求めてたのはみおみたいに思いついたことをその場で言葉や実行に移して、ワケの分からないノリで周りを掻き回しまくるコメディだったんですよ。

    あとはルキナに関しては自分の眼鏡っ娘センサーに良い感じに引っかかったので画像を幾つか。

    これが……

    イメージ181

    こう

    イメージ182イメージ183

    圧倒的美人! これでスーツでも着せたら最高やろなあ。やはり眼鏡っ娘は至高。

    イメージ179イメージ180

    基本的に皇帝モードの立ち絵になるとルキナは「出来るお姉さん」という感じで凄く良いですね。こっちの立ち絵と性格をデフォルトにして欲しかった。

    各キャラのCVはバッチリ。ヒロイン勢は勿論良かったのですが、意外に上手かったのが中島役の方。
    無駄に声色を使い分けてくるのがツボでしたね。実に活き活きとした演義で楽しませて頂きました。


    ◆テキスト&シナリオ

    テキストはなんというか非常に個性的。同音異義語を使った言葉遊びや対句法の多用などが最大の特徴。使う語彙も中々豊富で頑張っている印象を受けましたが、如何せん力を入れすぎて空回りしてる感じも。
    あとはこういう表現を使う時には一気に放出してくるパターンも多いので分かり難い上にテンポも悪くなってしまっている部分がチラホラ。ポエムは嫌いではないんだけども……どうにも力押し過ぎて乾いた笑いが。
    ただ、下の画像のように個人的に思わず、はっとするようなレトリックも使ってくるので侮れませんでしたね。今後の出方次第では化けそうな方だとも思いました。

    イメージ177

    シナリオは生徒数一万人の巨大な学園で圧倒的な力を持つ生徒会と9999人の生徒からの信任を受けている「最強」の生徒会長かつ負けずの皇帝である一ノ瀬ルキナが、唯一まだ、勝ったことがない恋愛という勝負でたった一人ルキナに反対の票を投じ続ける生徒・吉高秋人に勝負を仕掛ける、というもの。
    ……これで分かるように相当にぶっ飛んだ設定とキャラ、シナリオであることが分かりますね。
    実際、ギャグパートは突拍子もないモノが多いですが、そもそもこのゲームを買う人はそういう力任せな笑いを求めて買うので問題ないはず。
    そして、そういうギャグに関しては十分に用意されているのでご安心を。ただ、体験版がピークだったかな、という感じはあります。あくまで個人的に、ですが。

    それと展開としては恋愛勝負を仕掛けるべく、学園を挙げての恋愛イベント「学コン」で秋人の気持ちを向けさせるために色々とやる感じ。
    ただ、どのルートもそうですが、メインは恋愛勝負云々よりもそれぞれのヒロインの過去の話ですね。過去の回想を踏まえて、じゃあ現在をどうするのか、的な。特にスールートなどはほぼそれだけ。

    ……

    ただ、なんというか……全体の構成が雑。らぶおぶに関してはこれに尽きますね。面白い要素と設定は転がっているものの、それを特に練ることもせずにそのまま出してしまった感が否めないです。これはギャグゲー・バカゲーだから、とかでは済まないお話。
    なんというかギャグパートからシリアスパートへの切り替えというか流れを全く作らずに行くことが多いので全体にぶつ切り感というか唐突な感じが残ってプレイヤーとしては凄く置いてきぼりにされている感じがあるんですよねー。キャラだけが盛り上がってて観客である自分たちはそれと反比例して冷めていく。
    この冷めた感じと置いてきぼり感なんですけど、お話が唐突、というのも原因の一つなんですが、らぶおぶというお話の魅せ方……とくに真面目なシーンでのそれが非常に演劇臭いことが最大の原因であると思います。
    テキストの所で話した特徴的な書き方もそうですが、セリフ回しとかが凄く演劇臭い。明らかにこう「外の人」へ向けてその場面を見せているような、気持ちをぶつけているような、そういう感覚がプレイ時にありました。これはその手法を批判しているのではなく、やるのならもっと丁寧に煮詰めて欲しかったなということ。こういう魅せ方自体は普通に好きなんですけどねー、全てが雑であったとしか言い様が無い。

    あとはシリアスパートの中核を担う重要な設定もやはり伏線やら流れが全く無かったり魅せ方があっさりでテキトーなので「おっマジかよ!」という驚きもなければ「ついに来たか!」的な待望感もなく「あっ、そうなんだ。ふ~ん」みたいな感じで流してしまう。設定の一つ一つを取り上げて見ると決して悪いものではないのに、この辺りがあまりにもしっかりしていないために台無しにしてしまっているんですね。ホント勿体無い。
    あとは明らかなギャグ要員でしか無かったキャラに唐突にシリアスなお話の重要な場面担わせたりするのもなんとも。やるならもう少し、こう……ねえ?
    ホントにシリアスな所さえキチンとまとめておけば良作になったと思うんですけどねー。
    あとスーと千歳ルートは「雑」とかそういうレベルでなく手抜きすぎ。スーに至っては50分ちょっと。千歳は約1時間で終わるのはどうかと思う。エロゲは長ければ良いってものじゃないけどそれにしたって短すぎるよ……この二人目当てに買った人は本当に泣いても良いと思う。
    ただ、スーの設定は中々好きでした。ああいう歪んだ思想は大好物なので。


    ◆BGM&ボーカル曲

    BGMは曲数は30を軽く越えててかなり頑張ってますが、ボーカル曲に比べると耳に残るようなものはなかったかなという印象。
    一応、ピアノメインの静かな物からギターをガンガン鳴らすロックなものも揃っています。

    ボーカル曲は以下の通り。

    OP・ED……片思い皇帝
    挿入歌……とつきとおか雨、WOLF

    の全三曲。らぶおぶで意外にクオリティが高かったのはこの部分なんですよね。
    雪ノRENさん担当の片思い皇帝、WOLFはポップでロックなノリの良い曲でそれとは対照的な都乃さん担当のとつきとおか雨などJPOP臭強めの良い曲が揃ってます。
    特にとつきとおか雨がお気に入り。CD出たら余裕で買うレベルでした。


    ◆エロシーン

    シーン数は以下の通り。
    ルキナ……6(本番3)
    エリカ……5(本番4)
    ひかり……3(本番2)
    スー……3(本番2)
    千歳……3
    イサミ……1

    シーン数は一見すると多目ながらも、オナニーやらパイズリやらの前戯などで終了するのが多く、本番の数だけ見るなら平均的な感じ。
    ですが、尺は普通にありますし、前述のとおり絵や塗りも肉感的でエロいので十分に実用的。特にイサミのエロが一回だけながらも滅茶苦茶エロかったですね。満足。
    だがしかし、しかし! 最初のほうで言ったように千歳のエロシーンで大きすぎるマイナスポイントが!

    イメージ184イメージ185


    さて上の画像を見ると「あっオナホコキと目隠し騎乗か。結構Sっ気のあるプレイなんだね」と思うかもしれませんが、テキストでそんな描写はなく、「普通の和姦」として書かてています。
    いやあ、エロシーンまで雑にされるとは参った参った。(まあ、千歳すきじゃないからどうでも良いけど)


    感想は以上です。

    繰り返し言いますけど、面白い要素と設定は結構転がってるんですけどねー。磨けば光る原石を宝石にしないで石ころの状態で出しちゃった感じ。残念。
    一応、このブログの説明でも言ってるんですが、あくまでここはプレイしたエロゲの販促が目的なのであんまりこういう事は言いたくないんですけど、オススメは出来ません。
    ただ、体験版がものすごく気に入った! ルキナ、エリカ、ギギギさん、イサミの誰かのためなら死ねるという人は買っても良いんじゃないでしょうか。
    スーと千歳目当ての人は……そのなんだ、うん。

    | エロゲ感想 | 01:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |