2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd 感想

    作品名大図書館の羊飼い a good librarian like a good shepherd
    メーカーAUGUST発売日2013年1月25日
    原画べっかんこう、脳みそホエホエ(一部SD)シナリオ榊原拓、内田ヒロユキ、安西秀明、瀬尾順(補助)、春日森(補助)、砥石大樹(補助)
    Ceui、西沢はぐみ、白崎つぐみ、桜庭玉藻、御園千莉、鈴木佳奈、小太刀凪ムービー北川由貴
    対応OSWindows XP/Vista/7お気に入り度8/10
    ディスクレス点数85点
    プレイ時間約28時間(管理人基準)


    さて、ユースティアで初めてオーガストワールドに入り込んだ自分としては、今回は初のオーガスト製萌えゲーということで不安と期待を抱きつつプレイしましたが……

    完成された萌えゲー。

    本作をずばり一言で言うならコレでしょうね。流石に長らく萌えゲーを作っているだけあって、このタイプのゲームには何が求められているのか、また、それを快適に楽しんでもらうためにはどうすれば良いのか、そういった大本の土台と細かい配慮がしっかり行き届いていると思えました。
    ただ、個人的にはジャンルが違うとはいえ、ユースティアに比べると(そもそも比べることがお門違いですが)丸まった感触のゲームでしたのでそこが少し心残り。今回はシリアス要素もあるにはあるので、やっぱり惜しいと感じてしまいました。

    それじゃあ、以下は詳細な感想です。(一部ネタバレ部分は反転で読めるようにしています)
    それと、今回からゲームの魅力をより分かりやすく伝えるため、感想の書き方を少しだけ変えるのと同時に、画像を幾つか使って行きたいと思います。(画像はオーガスト様のガイドラインに沿い、縮小しています。また、画像の著作権はオーガスト様にあるため、無断転載はお止めください)




    ◆攻略ヒロイン&ルート構成

    攻略出来るヒロインはつぐみ、玉藻、御園、佳奈すけ、小太刀の五名のメインヒロインに加え、望月、芹沢、嬉野の三名のサブヒロインも攻略出来ます。サブヒロインも攻略できるのはエロゲーマーとしてはやはりありがたいですね。
    ちなみにグランドルートとして羊飼いの謎に迫るルートが用意されているのですが、それには当然ロックが掛かっており、誰でもいいのでサブ以外のヒロインを攻略することでそれは開放されます。

    攻略順も好きにやるのがベストでネタバレもほぼないので、気にせずOKです。

    ちなみにルートについて深く説明すると、サブヒロインはそれぞれ特定のメインヒロインのルート中の選択肢から派生する形になっております。つぐみからは望月、御園からは芹沢、佳奈すけからは嬉野、と言った具合です。
    また、一番特殊なのがメインヒロインの四人で、これらには二つ独自EDが用意されております。具体的には羊飼いルートを通らずに行くヒロインED。そして羊飼いルート中にそれぞれのヒロインEDに派生するED。
    ただ、後者は凪以外のヒロインは殆ど同じ話のコンパチですので、オマケ程度に考えていたほうが無難です。

    攻略も狙っているヒロインよりの選択肢を選べば入れるので簡単。羊飼いルートは全員のフラグをへし折る選択肢が、何らかのEDを迎えた後に出現するのでそれを選べばOKです。


    ◆システム周り

    スキップ、バックログ、オートモード、個別のボイスオンオフ設定、右クリックでのウインドウ消去などに加え、ディスプレイサイズ変更、マウスジェスチャー、Hシーン専用ウィンドウ、コンフィグ画面のテーマ設定機能、サスペンドなどなどの至れりつくせりなシステム。ユースティアの時の強化版ですね。
    さて、そんな中でも今回、特に目を引いたのがサスペンド機能。これはゲーム終了時にサスペンド機能を押すと、次回ゲームを立ち上げた時にタイトルロゴやらタイトル画面の表示をすっ飛ばしてサスペンドを押した場面からゲームがスタートする、というもの。
    感覚で言うなら本に栞を挟むような感じですね。この機能のお陰で、小刻みにゲームを進める方は特に快適にプレイできると思います。スタッフGJ。


    ◆CG

    イメージ126イメージ141


    CGは90枚越えと多い上に安定のべっかんこうさんクオリティ。本当にブレませんね、この方は。塗りも特に髪の毛が細部まで凝っていて綺麗です。
    ついでに本作の特徴と言えば、立ち絵と背景を組み合わせた擬似イベントCG(ユースティア感想時に勝手に命名)やエフェクトを付けた演出! 以下がその一例です。

    イメージ132イメージ131
    イメージ130イメージ133

    右下のSD絵以外は一見するとイベントCGに見えますが、実は専用背景に立ち絵をくっつけただけの代物。コレ以外にも幾つものパターンがあって、オーガストというメーカーの凄さ、使える素材は使い尽くす! という貪欲な精神が伺えます。
    本当に画面を見てて飽きないんですよね、コメディに使って良し、シリアスに使って良しと素晴らしいです。それに個人的にはE-moteみたいなアニメ臭い動かし方は好きじゃないので、非常に好感が持てました。ADVとはかくあるべき。
    しっかし、佳奈すけの名前って以外と小ネタに出来るもんだなあ。


    ◆キャラクター&ボイス

    キャラクターはいかにもな萌え系キャラの見た目に反し、程度の差はあれど現実的な味付けが施されている一面もあります。考え方や空気の読み方なんかが、妙にリアルな時があるんですよね。
    そんな中でも特に佳奈すけがその代表例で、中々癖の強いキャラとなってます。
    本作はキャラクターのやり取りや醸し出す空気がフィクション過ぎずにまとまっているのはこの辺りが影響になっていると伺えますね。ここら辺は実際に体験版などをプレイしてもらった方が良いと思います。
    確かに萌えゲーではあるんですが、他社の出す一般的な萌えゲーとはちょっと違うんですよねえ……いや、基本部分はテンプレ萌えゲーなんですけど……ううむ、なんと言ったらいいんだろうか。

    主人公の筧くんはそんな一癖も二癖もあるヒロインや他人を一歩下がった目線から見ている読書中毒のクール系。だけど、ノリは悪くもなく、学力は学年トップと有能、インドアと見せかけて行動力も十分。でも、実は……。
    さて、本作はそんな筧くんの成長がメインとも言えると思います。どこか人から一歩引いたような彼がヒロインや様々な人と関わり、どう変わっていくのか、そこの辺りに是非、ご注目ください。でも、歩きながらの読書は止めろ。本作で唯一イラッとした所。

    いや、ホントこの作品は魅力的なキャラばかりでした。ヒロインでは小太刀と佳奈すけが自分の中では頭一つ抜けていましたが、その他も可愛いのなんのって。
    まさか、普段なら苦手に思ってしまう御園も最終的に好きになれるとは思わなんだ。男性キャラでは高峰が良い味出してましたね、基本は道化を演じてますが、熱いところもある良い奴です……故にヒロインがみんな筧ばかり見ているのが不憫でならない……。

    また、各キャラのCVもバッチリ。桐谷さん以外はあまり見かけない方が多いですが、全員素晴らしかったです。そういえば、ユースティアからの続投組も結構多いですね。
    特に小太刀、佳奈すけ、玉藻辺りの演義は非常にGOODでした。ごちそうさまです。


    ◆テキスト&シナリオ

    テキストは他ライターと比較しても無味無臭な感じで読みやすいですが、語彙は豊富でテキストの流れ自体も自然で上手いです。また、複数ライターであることも感じさせない安定っぷりも好ポイント。
    特徴と言えば三点リーダーがちゃんと二つセットで使われていたのは結構びっくりしました。いや、小説などにおいても、なんとなく決まっている作法というだけで守らなくてもなんの問題もないのですし、ましてやこれはエロゲ、気にする方が可笑しいですが、やはり普段見慣れている形式なだけあって目の進みが良く思えましたね。
    そうそう、本作は主人公が読書家なだけあってそっち系のネタも多め。とは言ってもマニアックなのは殆どなく、メジャーな書籍ばかりなので大半の方なら「あ、これ知ってる!」てな感じでニヤリと出来ると思います。それを上手く話に絡めている場面もあったのもGOODです。
    あと、ライターは中原中也がお気に入りと見た(キリッ)

    シナリオは学園に伝わる、人の願いを叶えると言われている羊飼いなる人物を追いながら、生徒の学園生活をより楽しくしたいというつぐみの理想を叶えるべく集まった面々が、学園の何でも屋みたいなことをやりながら活動していく、という話。

    学園の何でも屋って辺りがいかにもコッテコテのエロゲシナリオという感じですが、本編も大部分がライトなノリで進みます。
    一応、シリアス部分として羊飼いの謎が挙げられますが、シナリオ全体で見るとそれはあくまでオマケ部分のため、そこに過度な期待していると残念なことになるかも……。
    基本的に前述した個性的な面々のキレッキレの掛け合いをメインにまったりと学園生活を送っていく、王道中の王道がメインです。また、その掛け合いの内容が非常にレベルが高く、ハイテンポで読み進めることが出来ます。
    なんでしょうね、常にハイテンションとか人物がキチガイ染みた言動で笑いを取るのではなく、まったりとした何気ない会話の流れで、広く浅く笑いのツボを刺激してくる……そんな感じ。おぎやはぎとかあの辺のコントの空気が好きならツボると思います。
    まあ、とりあえず、可愛いキャラの面白い日常が見たいというのなら、まず買って損はないレベルです。これだけは確実!
    さて、シリアスは少ないとは言いますが、やはり物語である以上、それなりにあります。個々のヒロインがそれぞれ悩みを抱えていて、それを解決していく、というこれまた王道な展開が個別ルートのメインですが、やはり本作のシリアス部分の核は羊飼い関連。羊飼いとは何なのか、羊飼いの目的とは何なのか、そもそも、羊飼いは存在するのか。
    とあるヒロインと主人公の背景上、特定ルートでかなり密接に関わってきます……が、折角ヘビーな設定などを盛り込んだ割には軽く触れるぐらいであっさり流してしまうのはやはり勿体無いなあと思えます。ただ、この辺はあくまで萌えゲーであることに拘った結果なのかなあと伺えました。萌えの邪魔をしないように、あくまで隠し味程度で盛り込まれたテイストなのでしょうが、やはり勿体無い。
    ただ、キャラクターの話でも言いましたが、シナリオ全体を見渡すと、このゲームの最大の関心事は萌えでも羊飼いなどのシリアスでもなく、筧くんの成長なんでしょうね。彼の成長の集大成とも言える、ナナイさんに自分の想いをぶつける場面は中々に来るものがありました。コレとEDの演出を見ると、グランドルートは小太刀ではなく、その他のメインヒロインたちの羊飼いルートなんでしょうねー。
    しっかし、図書部の仲間やその他の人たちが、様々なことを通して主人公と触れ合い、変えていく……ある意味では壮大な主人公攻略ゲームとも言えるかもしれません(笑)
    その辺の事がしっかりと描けていたので、不思議とただの萌えゲーにはない満足感を覚えました。


    ◆BGM&ボーカル曲

    BGMは曲数も多く、クオリティ高め。作風に合わせてポップな曲が多いですね。
    日常シーンで良く流れるwhite pop!とイベント時に流れる彩日が聴いてて心地よかったですねえ。

    ボーカル曲は以下の通り。

    1stOP……ストレイトシープ
    2ndOP……夢飼い日和
    ED……ナチュラルガーデン、さざなみ椿、夜空のステアーズ、君だけのDay Star、Dear Smile、みちて、ひいて
    グランドED……明日への栞

    の計九曲と多め。しかも、メインヒロインのED曲はそのヒロイン自身に歌わせるという気合の入れっぷり。その上、どれも良い曲なんですよ。

    お気に入りはストレイトシープと夢飼い日和、さざなみ椿。特にさざなみ椿はもう、前奏の時点で私のテンションがフルバーストでした(笑)
    また、玉藻役の橘桜さんの歌声がカッコイイんだ、これが。


    ◆エロシーン

    シーン数は以下の通り。
    つぐみ……4
    玉藻……4
    千莉……4
    佳奈すけ……4
    小太刀……3
    望月会長……1
    芹沢……1
    嬉野……1

    シーン数は平均的。サブキャラのエロもあるのはありがたいですねえ。
    シーン自体はドノーマルの和姦onlyで少し物足りませんが、複数のCG使用と長めの尺(体感ではデモニオンぐらいありました)を取っている上に二回戦が当たり前と来たものです。やっぱりエロに力を入れてくれていると嬉しいですね! ちなみに玉藻にはアナルセックスが一つあり、小太刀以外のメインヒロインにはコスプレエロもあります。

    あと、小太刀の太もものエロさが尋常じゃないです。

    小太刀の太もものエロさが尋常じゃないです(真顔)


    感想は以上です。
    非常に満足感のあるゲームでした。2013年のスタートをこのゲームで切ることが出来たのを嬉しく思います。
    本作はとにかく、細かいところまで手が届く萌えゲーという感じですね。少しでも興味のある方、体験版やって気に入った方、ユースティアやったけど足踏みしている方は是非に買ってくださいな。
    オーガストは、貴方を、待っている(べっかんこうさんお約束のポーズを取りながら)

    | エロゲ感想 | 00:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。